ゴルフ練習方法

【ゴルフ練習】曲がらない打ち方をマスターするにはコレ!ボールが左右に曲がって困る人は必見!

更新日:

ゴルフ
 
 

ゴルフボールを曲がらないように打ちたい!

ゴルフ初心者だけでなく、中級者でも切実な悩みですよね。

でも実はこれ、意外にもひとつのポイントさえ気をつければ簡単に矯正できることをご存知ですか?

 
 

ボールが曲がることのリスク

 
ゴルフはあらかじめ決められた穴に少ない打数でボールを入れる競技です。

1打の距離も大事ですが、一番重要なのは方向性です。
 
 

グリーンまでの距離が長くなる

 
ボールを曲げてしまうとゴールへの距離がなかなか縮まりません。

例えば200yの距離を30度右へ打ち出してしまったら、残りは何yになるでしょうか?

1007_01
 
 
なんと残り100yも残ってしまいます。

たまに女性の方とプレーすることがありますが、彼女たちはスイングスピードが男性よりも遅いので、その分フェースの向きを調整する時間が多くなります。

また、インパクトの確率も男性よりも高いように思います(個人差はありますが)。

グリーンまで最短距離で進むことができるので、よくスコアで負けたりします。。
 
 

OBや1ペナのリスクも

 
また、ボールが曲がってしまうとOBやペナルティで1~2打をみすみす無駄にしてしまうこともあります。

ボールも無くなってしまうので良いことないですね。
 
 

ボールが曲がるメカニズム

 
さて、それではボールが曲がってしまうメカニズムです。

ボールを曲げる(曲がる)には2通りのパターンがあります。
 
 

クラブフェースが正面を向いていない

 
まずはクラブフェースの向きです。

正面へ打とうとしているのにフェースが右を向いていたら、当たり前ですが右に飛んでいきますよね。

特にドライバーのようなシャフトが長く柔らかいクラブの場合に良くありがちです。
 
 

スイング軌道がスクウェアになっていない

 
ドローボールの打ち方でも解説していますが、インサイドアウトまたはアウトサイドインのスイング軌道によって、ゴルフボールに横回転の力を加えてしまうことによりボールが左右に曲がってしまいます。

特に初心者の場合、ボールを強く打とうとして大振りになり、クラブヘッドが大回りしてアウトサイドインのスイング軌道になりがちです。
 
 
そのほかにもクラブフェースの端っこに当たったりすることで横回転の力が加わることもありますが、最近のクラブは良く出来ているのでそこまで気にするような問題ではないと思います。
 
 

ボールが曲がるのはグリップが悪いから

 
とここまでボールが曲がるメカニズムについて説明しましたが、実は初心者の場合「ほとんど」がグリップの矯正でボールが左右に曲がる誤差を少なくすることができます。
 
 
ゴルフクラブの握り方はメジャーなものでストロンググリップウィークグリップがあります。

これはボクの経験上ですが、初心者の場合ウィークグリップが大半を占めています。

なぜなら「ウィークグリップのほうが握りやすいから」です。

またウィークグリップの方が、なんとなく力が入るように感じてしまうんですよね。
 
 

ストロンググリップになっているかの確認方法

 
ストロンググリップになっているかはグローブをしている手の甲を確認します。

まずはウィークグリップです。

1008_02
 
 
あ、ちなみにボクはレフティ(左利き)です。
左利き用のグローブって練習場だと種類が少ないんですよね~。関係ない内容ですが。

写真を見て分かる通り、手の甲が見えていません。

これだとインパクトの瞬間に手をこねてしまったり、グローブをしていない方の手が下がってしまいフェースが開いたりとバラバラになってしまいます。
 
 
続いてストロンググリップの握りです。

1008_03
 
 
少し大げさですが、このくらい手の甲が見えるぐらい意識すると良いです。

人差し指から薬指までの付け根が見えていればストロンググリップの完成です^^
 
 
実際に両手で握った時の写真です。

1008_04
 
 
実際にはグローブをしていない方の手をもう少し絞る(内側に入れる)ほうが良いと思います。

ね、苦しい握り方でしょ?

でもこのほうがクラブフェースの向きが安定します。
 
 

ストロンググリップのコツ

 
せっかくストロンググリップにしても、いざ打ち始めてインパクトを迎える瞬間に緩んでしまっては意味がありません。

緩まないようにするには「インパクトの瞬間にもう一度ストロングにすること」です。
 
 
少し解説しますね。

まずは構えた時にクラブフェース、ゴルフボール、打ち出し方向が一致しているのを確認してストロンググリップにします。

そして振りかぶり、いざボールを打つという瞬間に「雑巾を絞るようにグリップを絞る」としっかりとしたフェースの向きをキープすることができます。

このとき、両方の手をギュッと内側に絞ると力関係が均等になります。
 
 
クラブフェースの向きはふとしたことで乱れます。

例えば左の脇が甘くなったり、右肩が下がったりすることだけでフェースの向きは変わってしまいます。

これを防ぐために「雑巾絞り」をすることで、自然と右肩・左肩・グリップの正三角形が維持されフェースの向きも安定します。
 
 

まとめ

 
ゴルフボールをまっすぐ打つためにはフェースの向きが一番重要です。

そのためにはグリップを矯正することが一番の近道です。

初心者の場合ウィークグリップであることが多いため、正しいストロンググリップの握り方を覚えましょう。

そしてインパクトの瞬間に「雑巾絞り」をすることで正しい打ち方をマスターすることができます。
 
 
ただしドライバーのようないわゆる「長物」の場合、単なる振り遅れが原因であることもあります。

振り遅れ改善については次回の記事で解説させていただきます。

-ゴルフ練習方法

Copyright© エンジョイ!ゴルフクラブ , 2019 AllRights Reserved.