ゴルフ練習方法 便利・面白グッズ

スイングが遅いのに飛距離が出るのは何故?女子プロ選手の飛距離から秘密を解明!?

更新日:

先日ゴルフ場で私の前の組の女性ゴルファーがレギュラーティープレイをしてました。

スイングスピードは速く見えなかったのですが飛距離は200y~220y程出ていたと思います。

因みに私のスイングスピードは通常プレイで46m/s前後。

フルスイングで50m/s位出ます。

ですが、飛距離は調子よくて250y、通常は220y~240yと前述の女性とそんなに変わりません。

何故、スイングスピードが違うのに飛距離はあまり変わらないのでしょう?
 

女子プロゴルファーの平均スイングスピード

テレビ中継を見ていてもそんなに早く見えないスイングスピード。

それもそのはずで、女子プロゴルファーの平均スイングスピードは40m/s

私のスイングより全然遅いのです。

では何故飛距離が違うのでしょう。

 

飛距離の違いはボールの初速にあり

ボールを遠くに飛ばすのはスイングスピードより、ボールの初速が重要。

因みに、女子プロのボール初速は約60m/s(私はちゃんと当たったと思ったときに57m/s)

ボールの初速が1m/s違うと約7y距離が変わるらしいです。

スイングスピードは私の方が早いのにボールの初速は遅いというのが飛距離の差の答えでした。
0001

 

 

美しいスイングがボールの初速を作る

ボール初速を決める重要な要素に、インパクト時のフェースの向きがあります。

私のスイングはフェースが開いてしまっていてインパクトの瞬間に力が逃げてしまっているようです。

女子プロ選手は総じてスイングが美しくインパクトの瞬間にフェースが真っすぐボールに当たることで力を十分に伝えることができる。

この差が飛距離に表れているのです。
 

正しいアドレスで真っ直ぐボールにあてる

インパクトの瞬間のフェースの向きが重要なのは分りました。

勿論私も好きで開いているわけではありません(笑)

常に真っ直ぐ当てるようにしているつもりです。

ただ、力が入ったり、腰の回転が速すぎたりして上手くいかないんですよね。

なので先ずはアドレスから矯正してみました。

今回の必殺アイテムは『パーフェクトローテーション』

 

 

パーフェクトローテーションで練習してみた

手首の少し上で挟み込むように支えてそのままスイングをするだけ。

ただそれだけなのに、目茶苦茶難しい!!

これが本当に正しいアドレス&スイングなのだとしたら今までのスイングは何だったんだろうって位難しいです(泣)

商品の口コミを見ると私のように難しいと感じている人と、感覚確認用に重宝しているという人が半々くらい。

特徴的なのが、重宝しているという意見の方の平均スコアが軒並み良いこと。

この器具で良くなったというよりは、この器具が違和感無く使用できるようなら正しいスイングができているという状況なのかもしれません。

(私と同じようなスコアの方は軒並み低評価。)
1

2

まとめ

勿論フェースが開かないようにすることの他に体の捻転などの要素が加わって初めてあの飛距離が出ます。

ただ、あれもこれもと欲張り過ぎると大体失敗するので次のラウンドはフェースが開かないようにすることをしっかり意識したスイングを行ってベストスコアを目指します。

追記
そろそろ自己流を卒業してレッスンに通うべき時期なのかもしれませんね。。。

-ゴルフ練習方法, 便利・面白グッズ

Copyright© エンジョイ!ゴルフクラブ , 2019 AllRights Reserved.