便利・面白グッズ

コスパは最高 飛衛門のメリット・デメリットそして安さの謎

投稿日:

最近ゴルフ場で良く見かけるようになった『飛衛門』

以前私の記事の中にもチラッと登場した飛距離アップのボールです。

※以前の記事では非公認球として紹介してしまいましたが、どうやら公認球のようです。

この場をお借りして訂正と謝罪をさせて頂きます。

最近よく見るなという印象は間違いでは無いらしく、ゴルフボールの売れ筋ランキングベスト5に入る人気商品!

人気の理由は『飛ぶ』という理由は勿論ながら、やっぱりその安さから。

1球あたり100円程度というブランドボールならロストボールですら買えない値段で手に入る事が人気の理由でしょう。

今回は飛衛門の安さの理由とメリット・デメリットを調べてみました。

 

 

飛衛門の安さの理由は

飛衛門が安い最大の理由は製造元がノーブランドだから。

飛衛門のメーカーはゴルフの小物を扱っている小さなメーカさんです。

メーカーホームページを見てみると取扱店を募集している事からメーカーからの直卸で販売しているようです。

中間マージンが掛からない分、安くできるということですね。

タイトリストスリクソンのような一流メーカーとは違い高いと売れないですからね。

更に梱包をメッシュバッグにしたことも、費用削減に繋がっているのではないかと思います。

 

 

飛衛門のメリット

1
最大のメリットは勿論コストパフォーマンスの高さ。

1球当たり100円程度でニューボールってとんでもない安さですよね。

一昔前であればこの価格で買えるボールなんてどこのメーカーか全くわからない駄目ボールしかなかったですから。

飛衛門のすごい所は低価格でありながらカバーやコアの素材が良く丈夫であること。

更に反発係数が高く飛距離が出る

更に更にサイドスピン少なめで真っ直ぐ飛びスライサーには嬉しい仕様である。

更に更に更にカラーが豊富(メタルカラーまで存在)なので選ぶのが楽しい。

メリットが多いボールですね。

 

 

飛衛門のデメリット

最大のデメリットとしては以前私も間違えてしまった(スミマセン)ように非公認球として認識されていること。

コンペなどで使用する際はわざわざ公認球であるという説明をしなければいけない場合もあります。

また、プライベートでのラウンドでも非公認の飛ぶボールを使うなんてずるいと思われてしまう事が…。

スマホに公認球であることの証明になる様にメーカーホームページでもブックマークしときますか(笑)

あとは名前がかっこ悪い事ですかね(笑)

タイトリストスリクソン、ゼクシオ等を使用しているメンバーとのラウンド中に「ボール何使ってるの?」って言われて「飛衛門」と自信を持って答える勇気があるかどうかという話になります(笑)

実際安いから仕方が無いのですが、メーカーボールと比べると安っぽく見えるのもデメリットかな~。
 

まとめ

コスパは最強の『飛衛門』

私もたまに使いますが、ブランドボールと比較しなければ全く問題なく使用できます。

私だけかもしれませんが、反発係数が高い為か打感が固く感じます。

飛距離は出ますが、アイアンショットが止まりにくい印象もあります。

※元々止める技術は持っていないのですが…。

価格が安いのでOBが多い初心者の方には大変お勧めです。

合う合わないはあるとは思いますが、安いですから試してみてはいかがでしょうか?

※安い・安いばっかりになっちゃいましたが性能は悪くないですよ(笑)

-便利・面白グッズ

Copyright© エンジョイ!ゴルフクラブ , 2020 AllRights Reserved.