はじめてのゴルフ

【初めてのゴルフ】初心者のプレーで持って行くべき道具10選

更新日:

最近はTVのニュースなどで日本人ゴルファーの活躍が多く報道されている影響もあってか、10代や20代前半でゴルフを始めようとしている方が増えてきているように思います。

そこで、これからはじめてゴルフ場に出かけるといった方向けに、これだけは持って行った方がいいよという道具やモノを厳選してお伝えしていきます。

ゴルフ場でのルール・マナーについてはこちら

ゴルフの服装についてはこちら

 

ゴルフボール

まず一番必要なのがゴルフボールです。

初心者のうちはあれよあれよとボールが無くなっていきます。ボクは最大で1ラウンド12個ロストしたことがあります(笑

100を切るようになってからも平均で3~4個は無くなってしまいます。

最初のうちは常に20個は持っておくようにした方が良いですね。そうすれば万が一同伴プレーヤーがボールを使い切ってしまった場合にもおすそ分けすることができます。

ちなみにですが、ゴルフが少しずつ上達してくるとボールの良し悪しもプレーに影響してくるようになりますが、スコアが120を切るようになるまでは格安のロストボールで全く問題ありません。

通常のゴルフボールだと1ダースで1500~3000円ほどしますが、ロストボールならその半額かさらに安く販売しています。

オススメの買い方は、ゴルフショップに行ってカゴにわんさかと積まれているロストボールをチョイスする方法です。

よーく探してみると、どれでも1個100円などのロストボールの中に、通常なら1個300円を超えるようなボールも入っていることがあり、ちょっとした宝探し感覚でお買い物ができます^^


【送料無料】KASCO キャスコ キャスコ銘柄混合30P【ロストボール】

ティー

ゴルフでは最初の1打目(とOBペナルティ後の前進4打目など)にティーを使ってボールをティーアップすることができます。

ティーアップすることで地面との接地による摩擦が少なくなりボールが飛ぶようになったり、ボールが普段より高い位置にあるのでアッパーブローで打つことができるので、より高い球筋を打つことができます。

ティーには通常2種類あって、ミドルホールやロングホールで使用するロングティーと主にショートコースや飛距離の少ないクラブで使用するショートティーがあります。

ティーは地面に刺して使うものなので、ダフってしまったときなどはボールと一緒に飛んで行ってしまったり、折れて使い物にならなくなることが良くあります。

最近は折れにくいものや飛んで行ってしまわないように工夫されているティーなども販売していますが少し金額が高いので、最初は一番安いウッドティーをロングティー10本・ショートティー10本ほど用意しておけば良いでしょう。
ゴルフショップなどで5本入りで300円程度で売っています。

フォーク

1213_02

ゴルフ場のグリーンは非常に柔らかくなっています。

100ヤードぐらい手前からノーバウンドでグリーンに綺麗にナイスオンすると、その衝撃でグリーンにディボット(穴)ができることがあります。

グリーンにディボットを作ってしまったら、後ろの組へのエチケットとしてディボットは直すのがマナーです。

正直初心者のうちはこういったショットを打つことができませんので、フォークを使う出番はないかもしれません。

ですがゴルフは紳士のスポーツと呼ばれるぐらいですから、万が一のためにもフォークは1本持っておきましょう。

ちなみにほとんどのゴルフ場ではクラブハウスでプラスチックのモノが無料で置いてあります。

ボールマーカー

1213_01

グリーンオンしたら、ゴルフボールとピンの一直線上にボールマーカーを置いてゴルフボールを拾い上げます。

これは、汚くなったゴルフボールを一旦キレイにしたり、同伴プレーヤーが自分のゴルフボールに当たったりしないようにするためです。

ボールをマークするときは、ボールの後ろ(ピン⇒ボール⇒マーカー)にボールに触れないように置きます。

なお、ボールマーカーもフォーク同様、クラブハウスに無料で配布されていることが多いです。

グローブ

ゴルフ場に来るぐらいですからすでに何度か練習場で練習を行っていると思います。

ですので持っている方がほとんどだと思いますが、個人的にはグローブは練習用とは分けた方が良いと思っています。

グローブは素人プレーヤーにとっては非常に重要な道具で、良いグローブを使うことによってグリップ力が増し、クラブフェースのコントロールにブレが少なくなります。

また雨天時などはグローブが濡れてしまい、クラブが滑ってしまうことがあります。

ですから、グリップ力に優れているグローブを2枚程度は持っていた方が良いと思います。

水分補給用のペットボトル

1213_03

ゴルフプレーは食事時間を抜いて、ハーフで2時間から2時間半程度、合計で5時間近くのプレーとなります。

ゴルフをしている最中は楽しくて気づきませんが、実はかなりの運動量となります。熱中症にならないためにもしっかりと水分補給をしましょう。

ボクの場合は前半1本・後半1本ずつペトボトル(500ml)のスポーツ飲料を飲むようにしています(夏場はさらに1本)。

ゴルフ場の飲み物は高いので、行きのコンビニなどで買って持って行くと良いです。

日焼け止め

夏場は気にする人が多いですが実は冬でも紫外線は強く、ゴルフ場ではかなりの日を浴びることになります。

そんなところに丸1日もいるのですから、それこそ簡単に日焼けします。

日焼け止めは1本常備しておくと良いですね。

小物入れ

1213_04

これらのモノをまとめておくのに役立つのが小物入れです。

ボクはポケットが2つ付いている小物入れを使っており、それぞれゴルフボール・フォークやティーなどを入れ分けています。

ゴルフカートには小物入れを置く場所があり、おおむね30cm幅ぐらいのものまで入りますが、4サムなどで回る場合大きなバッグだと同伴者が小物入れを置くスペースがなくなってしまうので、20cm幅ぐらいのスリムなバッグなどにした方が良いですね。

帽子やサンバイザー

1213_05

ゴルフ場は日差しが強く、太陽の位置によっては眩しくてボールを見失ってしまうことがあります。

せっかくナイスショットしたのにボールを見失ってロスト…なんてことにならないように、ツバのついている帽子などで日差しを遮りボールを見失わないようにしましょう。

着替え用の下着


最後ですが、絶対に忘れてはならないのが着替え用の下着です。

ゴルフはスポーツです。気が付かないうちに汗だくになっています。

気持ちよくプレーして、クラブハウスのお風呂に入ってさあ帰ろう!と思った矢先に替えの靴下がない…

これはかなりブルーになります(個人的に

帰りの1~2時間を同じ靴下をはいて帰るのかと思うと滅入りますよね^^;

ボクは今まで二度忘れたことがあって、以降バッグには常に着替え用の下着を複数入れておくようにしています。

まとめ

いかがでしたか?

はじめてゴルフに行く方に向けて、持って行くべき道具をまとめてみました。

せっかくこれからゴルフを始めるのですから、しっかりと下準備をして楽しいゴルフライフを送りましょう!

-はじめてのゴルフ

Copyright© エンジョイ!ゴルフクラブ , 2019 AllRights Reserved.