ゴルフ練習方法

アドレス時のボールの位置はクラブの種類で変えるべきか?ショットミスの原因第一位が判明

投稿日:

前回はスタンスの幅に関してお話ししました。

スタンスの幅が決まったらどこに立てば良いのかを考えなければいけません。

なので今回はアドレス時のボールの位置につて調べてみました。

皆さんアドレスの基本で大体のボール位置は把握していると思います。

ドライバーが一番左側で番手が下がるにつれて右にずらしていく。

私もそう習って取り合えずドライバーの時に左側に置いてなんとなくショートアイアンが真ん中あたりに来るように調整してました。

ただ、何となくなので何時も同じところにあるかと言われると…。

そんな私が同じアドレスを取れるようになった方法です。

 

 

アドレス時のボールの位置の考え方

アドレス時のボールの位置に関して調べると大きく分けて2種類あります。

ひとつはどんなクラブを使用時でも左踵の内側に固定してしまうというもの。

もうひとつはクラブが短くなるにつれてホールの位置を右側に移動していくというもの。

結論としては、自分が打ちやすい方で良いです(笑)

プロ野球選手でもボールのミートポイントが早めの選手もいれば引き付けて打つ選手もいる。

結局自分の打ちやすい打ち方が一番良いです。

なので、この後の文章は前者の左足内側固定が打ちやすい方は読み飛ばして下さい(笑)

 

 

アドレス時のボールの位置は基本的にはクラブに合わせる

アドレス時のボールの位置は基本的にはクラブに合わせる方が打ちやすいはずです(笑)

それは、クラブの構造を考えて見れば分かりやすいです。

まずはクラブを持たずにアドレスの姿勢でグリップを作ってみてください。

大体の方はグリップ位置がアドレスの真ん中より左寄り、左足の太もも内側あたりになりませんか?

重要なのは、このグリップ位置が全てのクラブで同じにならなければいけないということです。

この位置がインパクトの瞬間に最もスイングのパワーを伝えることができる位置だからです。

これは、ドライバーでもSWでも同じです。

なので、常にここにインパクトの瞬間を持って来られるようにアドレスを取る必要があります。

 

 

ボールの位置を変えないでアドレスを取ると

99

上記の何も持たずに作ったグリップにクラブを合わせていきます。

まず、ドライバーを持ってみて下さい。

その時のボール位置は左踵の内側からボール一個分くらい右側に来ると思います。

ここにボール位置を固定してSWに持ち替えて下さい。

ボール位置にクラブを合わせると左手が前に出てしまう、極端なハンドファーストになってしまうはずです。

では、ボール位置を何も持たないで作ったアドレスに合わせてみて下さい。

その時のボール位置はアドレスの中央辺りになっているはずです。9

 

 

クラブを変えると何故ボール位置が変わる?

クラブを変えるとボール位置が変わる理由はクラブのロフトにあります。

SWのようなロフトの大きいクラブをスクエアに構えるとシャフトがターゲット方向に傾きます。

そのため、アドレスの時点で既にハンドファーストの状態になっています。

hanndo

だから、SWでドライバーと同じボール位置で打とうと思うと更に左手が前に出てしまい極端なハンドファーストになってしまうのです。

 

 

まとめ

ボールの位置はクラブによって変わるというよりはロフトによって変わるということです。

なので使っているメーカーや種類によって同じ番手でもボール位置が変わるということです。

以前使っていたクラブと同じボール位置でスイングしているつもりでもしっくり来ないことがあるのはそのせいです。

実際のラウンドではまず、グリップを作って自然にグリップ位置をセットしてみましょう。

グリップ位置をそのままにしてフェイスがスクエアになるようにボール位置を変化させれば自動的にボール位置が決まります。

注意点としては忘れちゃうことです(笑)

パーオンチャンスは魔物です!

焦らずゆっくりアドレスを取りましょう(笑)

-ゴルフ練習方法

Copyright© エンジョイ!ゴルフクラブ , 2019 AllRights Reserved.