ゴルフ練習方法

素人はスライスでスコア向上?ドローよりスライスを磨く!

更新日:

スライスでお悩みの皆さんこんにちは(笑)

私がこの記事を書こうと思ったのは皆さんと同じようにスライスで悩んでいたからです。

打てば右、打てば右、打てば右、悲しいくらい右方向へ飛んでいく。。。

若干ゴルフ向いてないのかなと思い始めたときに出会った本があります。

その本を読んで「なるほど」と納得させられたことがあり、ゴルフを辞めたくなっている方にお伝えできたらと思い書き始めました。

一遍には書ききれないので何回かに分けて記載します!

 

 

本当にスライス打てていますか?

皆さんは私と同様スライスに悩んでいると思いますが、それって本当にスライスですか?

右に曲がっているからスライスと思っているだけではないですか?

プロの選手もスライスを『武器として』使っていますよね?

世界で戦っている松山選手も当たり前のように使っています。

プロのスライスボールってキレイですよね。

私たちのスライスと思っているボールは同じ軌道でしょうか?

違いますよね(笑)

プロの選手のスライスは打ち出しが真っすぐ出て右に曲がるのに比べて私たちのボールは打ち出しから右に行っています。

いわゆる打ち損じなんですね。

スライスで悩んでいるつもりが、そのスライスすら打てていないのが現実なのです。



スライス系のボールが悪いと思われている理由

そもそもなんでスライスが悪いものとして扱われるようになったのでしょう?

第一に初心者のうち(私のように初心者期間が随分長い人もいるようですが)はヘッドが遅れて右に出てしまうことが多いですね。

そのミスショットを右に出ている=スライスとしてしまい、結果スライス=悪と考えるようになった。
第二に男子プロの世界が飛距離を重要視し始めたこと。

松山選手なんかは600ヤードを2オンさせていますよね(驚)

そのため各選手がドロー系のボールを多様するようになりました。

ドローボールはランが出るため飛距離が出ます。

プロが多用するドローボール=善、その逆のスライス系のボール=悪となったのではないでしょうか。

どちらの理由にしてもスライスに罪はないですよね(笑)

まずは、スライスに対する悪いイメージを改善しましょうか。

スライスは悪じゃないと考えると楽になる

fe

私達は既にスライスに近いボールは打てるようになっています(というより最初っからそんな球筋ですが…)。

ドローボールの打ち方を記載している私が言うのは何ですがドローボールを打つのは難しいです。

なんで難しいかは下記に書きますけど、難しいボールを習得するより今持っている技術に近い方を習得する方が楽で良いですよね(笑)

今打ってるスライスもどきを何度も練習して自分の球筋にしちゃいましょう。

基本的に今は打ちミスが多いため打ち出しから右に出てしまっているだけなので『今の打ち方のままでスイートスポット』に当てられるように練習を重ねましょう。

それだけで、打ち出しはストレートになっていきます。(最後は右に曲がりますけど)

右に曲がるといっても今までのように『どこに行くか分からない』状態から、『狙い通りの場所に右に曲げる』状態に昇進します(笑)

思い切って『フェースボール』を打っていると宣言しちゃいましょう!

ドローボールが難しい訳

ドローボールを打つために一番の難関は不自然なアドレス。

人間が楽な姿勢でアドレスを取ると、基本的にはスライス系のボールを打つ形になります。

ドロー系のボールを打つためには右腕が左腕より高くならないようにして体の右サイドが前に出るのを抑えなければいけません。

凄く窮屈なんです。

そんな窮屈な姿勢からクラブを持って体を回すんですからそりゃ難しいですよ。

その姿勢を定着させるためには『圧倒的に練習量が足りません』

練習が大好きという方はスムーズにフェードボールが打てるようになってから頑張りましょう(笑)

まとめ

スライス系のボールって意外に使えそうですね。

悪い奴じゃないならうまく付き合っていきましょう。

次回はスライスの良いポイント『スライスの魅力』を書きたいと思います。

-ゴルフ練習方法

Copyright© エンジョイ!ゴルフクラブ , 2019 AllRights Reserved.