コースマネジメント

ショートホール攻略! 素人がショートホールで考えるべきこと。

更新日:

皆さんはスコアを壊してしまうホールってありますか?

私は第1・第2ホールが難関なのですが、更にショートホールが苦手です。

なので第1・第2ホールからショートホールが来た日にはもうそれだけで心が折れます。。。

そんな私が友人から教えてもらった、ショートホールの心構えをご紹介します!
 

 

グリーンに乗せようと思わないこと

syo-to

はい、最初っから訳が分からないですよね(笑)

ショートホールでグリーンに乗せなかったらバーディーはおろかパーも取れるか分かりませんね。

では、質問です。皆さんはショートホールでパーを取れていますか?

私は取れていません(笑)

それどころか、ダブル・トリプル当たり前、下手をするとトリプルパー状態でございます(TT)

その理由が、乗せようと思って力が入りすぎることで思いっきりミスショット。

ショートホールには乗せようと思うとその方向にバンカーなどの罠があります。

その罠を完全に避ける方向に打つ、またはそこに届かない番手で打つことが大きなミスをしないコツだそうです。

 

グリーンの一番広い場所を狙う

gree

どうしてもグリーンオンを目指したい場合はグリーンの一番広い場所を狙うこと。

写真のようなグリーンであれば真ん中を狙うのがベストですね。

ピンデットを狙うとグリーンの端っこからこぼれそうですし。

でも、ピンが見えているとどうしても狙いたくなりますよね。

ただ、ピンポイントを狙おうとすると上記にあるようにどうしても力が入ってしまいます。

そのためやはり大きなミスに繋がり易いのです。

そもそも、ピンポイントで狙って狙い通りに打てる人はこの記事を読んでないはずですしね(笑)

ということは広い場所を狙っても数回に一度はピンの方に勝手に行ってくれます(大笑)

 

 

それでもミスをした場合は

バ ガッカリ

大事なのは気にしないこと。

上記を守ってもミスは発生します。

ただ、上記を守っていた場合のミスは今までよりリカバリーしやすい状況にあるはずです。

一番怖いのはショートホールでミスをするとパー3という少ない打数で入れなきゃいけないという焦りによって更にミスを重ねてしまうこと。

ミスをしてしまった場合はパーは諦めましょう
(場合によってはボギーも諦めましょう)

諦めることによって力が抜けてミスを重ねる確率が下がります。

 

 

まとめ

1)グリーンに乗らなくても良い。
  第二打で寄せられればパー、最低でもボギーが取れると考える。

2)グリーンを狙うなら一番広い所を狙う。
  どうせ狙い通りには行かないからたまにはまぐれでOKパット圏内!

3)ミスをするのは当たり目。
  ミスしたときは素直にパーを諦める。

狙ってバーディーを取りたいですけど、それは狙えるようになってからにしましょう!

後は、パター練習でカバーですかね(笑)

【追記】

ゴルフはメンタルのスポーツとはよく言ったものです。

プロでもさんざん練習していてもミスをしてしまいます。

たった1メートルのパットでも優勝が懸かっていると外してしまう。

ましては練習不足の素人がミスをするのは当たり前です。

ミスをする前提でプレイすることが大事なんですね。

-コースマネジメント

Copyright© エンジョイ!ゴルフクラブ , 2019 AllRights Reserved.