コースマネジメント

ゴルフは頭脳戦だ!スコア100を切るまでに考えることのアレコレ

更新日:

ゴルフってホント楽しいですよね♪

毎日満員電車にに揺られて会社へ出勤し、嫌みな上司の暴言にもへこたれず、取引先の無茶な納期に耐えていられるのも、週末に大好きなゴルフができるから!
なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ゴルフの醍醐味はなんといってもあの開放感!

周りが木々に囲まれながらもその先に開けるフェアウェイ。きっとマイナスイオンが出てますww
ドライバーで今日イチのショットが出たときは上司の顔なんて頭の中からOBして、大の大人が無邪気になれる瞬間でもあります。

でもそんな楽しいハズのゴルフも、時につまらなくなることがあります。

それはミスショットの連発と、スコアが自分の思い通りにならない時。

気持ち良く打ったつもりのドライバーショットが思いっきりダフって50ヤードしか飛ばず、グリーン周りのアプローチでトップしては3往復…

これではせっかく楽しみにしていたゴルフも「なんだかなぁ」となってしまいます。

また、素人ゴルファーにとって大きく立ちはだかるのが「100の壁」

100を切れないゴルファーの多くが、いっつも100~109あたりのスコアで右往左往。
そんな「100目前のゴルファー」が100を切れるゴルフのマネジメントについて解説していきます。

ゴルフは150ヤード飛ばせれば100は切れる!

 

始めに断っておきますが、私は「下手の横好き」です。
ゴルフ歴こそ長いものの、基本的に人から何かを教わるのは昔からあまり好きではなく、どちらかというと自分で解決したいという気持ちが先行してしまいます。

ですので、今までレッスンに通ったり誰かにゴルフを教わるといったことは一度もありません。

そんなボクですが、最高のスコアは88です。

基本的に上手くはないから、今でも100を超えることもあったりします。
それでも「今日は絶対に100を切る」と決めたときは必ず100を切れる自信があります。

なぜならゴルフの100切りはマネジメント次第ですぐに達成できるからです。

それではどうすれば100切りを達成できるのか?をまずは簡単に説明していきます。

まず全てのホールをパーで上がるとします。すると合計のスコアは72ですよね。
次に全部ボギーで上がると考えます。答えは90です。

そして全てをダブルボギーで上がると… 108ですね。
ここが分岐点となります。

でここからが大事なところです。

全ホールダブルボギーを狙ってください。

これじゃ100切れないじゃん!と言う答えが返ってきそうですがその通りです。

少し言い方を変えます。

全ホールダブルボギーオンを狙ってください。

ダブルボギーオンというのはパー4であれば4打目でグリーンに乗せることで、パー3なら3打目、パー5なら5打目ということになります。
大体どのコースもパー4なら350~400ヤード、パー5なら450~500ヤード程度で構成されていると思います。

ここで少し質問です。あなたは7番アイアンで何ヤード飛びますか?

大抵の方なら130~160ヤード程度と答えると思います。
ここでは100切り目前ゴルファーの平均値140ヤードとします(これは私の経験上です)。

もし470ヤードパー5なら3打目を打ち終わった時点で140ヤード×3で420ヤード、残り50ヤードの地点にいると思います。
残り50ヤードを4打で沈めれば合格です^^

「ボギーを取るにはあと2打しかないのか」という頭のイメージでは、その後のショットに大きな影響を与えるでしょう。
それこそシャンクして真横に飛ばしたり、思いっきりトップしてグリーンを突き抜けておくのバンカーに捕まってしまうかもしれませんね。

ですが「50ヤードを4打でいいのか!」という発想であれば力を抜いて打つことができますし、うまくいって5ヤード圏内につけることができればボギー、場合によってはパーも見えてきます。

基本をダブルボギーとして、たまにボギーやパーを取っていけば100切りは簡単にクリアできるのです!

そして、上記の例でなぜ7番アイアンを挙げたのかと言うと、ある程度の飛距離が稼げて且つ方向性が良いクラブが7番アイアンだからです。

仮にドライバーで230ヤード飛ぶとします。
でもまっすぐ行く確率が30%、まっすぐ行かなくて(チョロなど含む)100ヤードぐらいしか飛ばない確率が40%、残り30%はOBとします。

大体どのコースもOBするとペナルティ4といって前進4打などの救済措置がありますが、おおむねドライバーで会心の一撃が出たところ、つまり250ヤード付近にあると思うのでOBの場合は3打で250ヤードとします。

すると以下の計算式が成り立ちます。

(0.3×230)+(0.4×100)+(0.3×83)=134ヤード

なんと、7番アイアンで135ヤード以上飛ばせる自信があるのなら、ドライバーを使うよりも飛距離を稼げることになりました。

これは少し大げさな考え方かもしれませんし、実際は自分が自信のあるクラブ、例えば5番アイアンなら80%は170ヤード以上は飛ばせるな、といった自信があればもっと簡単に100切りをすることができます。
ということで、100切りを手っ取り早くクリアするためには「まっすぐ150ヤード打つこと」を目標にすると、すぐに達成することができます。

パー3やパー5は少し目標を高くしても良い

「100切り達成のためには基本をダブルボギーにする」としましたが、パー3やパー5に関してはひとつ少ない打数でグリーンオンさせるように頑張ってみても良いです。

というのも、レギュラーティーから打つ場合、パー3は長くても170ヤード程度パー5は500ヤード程度だからです。

平均するとパー3で150ヤードを切るくらい、パー5は470ヤードぐらいでしょうか。

さすがに150ヤードのグリーンオン目標を3打とするのはどうかと思いますし、とりあえずバンカーや池のない方向で50ヤード以内を目標に打つのが良いです。
決して「あの池を超えればグリーンオンだ!」なんてせずに、花道方向に打ち出すようにしましょう。

またパー5のティーショットで7番アイアンを持つのはちょっと恥ずかしいですよねww

なのでユーティリティやウッド系のクラブを使うなど、OB確率が低いクラブ選択をするようにしましょう。

まずは1回スコア100を切ってみる

実はこれが一番大事なのですが、まずは「1回だけでも100切りを達成する」ことが重要です。

100を切ってみると「あれ?別にショットが良い訳でもないのに100を切れた!」と思うハズです。
これが今後のゴルフ生活において非常に大事になってきます。

なんというか「100切りのメカニズムを体に染み込ませる」とでも言うのでしょうか、1回を100を切ることが出来れば、今度はドライバーなどを使用しても100切りが達成できるようになります。

まずは1回100切りを達成して、新しいゴルフの楽しみ方を見つけていただけると幸いです^^

-コースマネジメント

Copyright© エンジョイ!ゴルフクラブ , 2019 AllRights Reserved.